記事一覧

自由組手・・・一回休みの癖

現在当会ではいわゆる伝統空手(寸止め)出身のメンバーが二名いる。一名は大学時代、一名は高校時代に空手部に在籍していた。学生時代は競技組手の練習で歯を折ったり、失神したこともあるという。

さて、そんな両君だが当会での自由組手では共通の欠点が見える。相手に一発目の攻撃を出したあと、あるいは相手の一発目の攻撃を受けたあとに一瞬ではあるが「気が抜けた」状態になるのである。審判の旗を確認するために妙に時間を待っている感覚、と言えばよいか。

必ず最初の一発がKOするほどの威力でヒットするのならばそれでもいいかも知れないが実際にはよほどの実力差がなければ難しい。

一発目の攻防が終わった段階(瞬間)ではお互いにかなり接近しているはずだ。その距離から来る強力な二発目の警戒こそ怠るべきではない。最も注意すべき相手は審判ではなく目前の組手相手なのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR