記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットワーク

本日の稽古では自由約束組手を行った。稽古場の隅、壁を背にした状態(すなわち絶対に後退できない状態)で単発の攻撃を受けさせ、反撃させるのである。

大手伝統流派2段のU君、このような状態でも足から動く癖が出てしまう。寸止めの試合で多用されるフットワークだ。約束稽古なので先手を取らせることが前提であり、かつ追い詰められた体勢なのでフットワークは意味がないのだがそれでもわずかな隙間に足を動かす癖が出てしまう。結果として攻撃側は攻めやすい状態となる(場所が狭すぎてフットワークの意味がない→無駄な動きが増える)。

特定のルールでの癖はルールを離れても自然に出てしまう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。