記事一覧

突きとイメージ

伝統派空手二段のU君、伝統派試合を経験した人に多くみられる腰を不必要に動かしたり、手から突っ込んだような感じで打つ癖がまだ残っている。ゆえにパンチが軽くなかなか相手に効く打撃が出せなかった。今日は正拳でパートナーの身体を実際に打たせる稽古を行ったが、不要に手を伸ばすような突きはスピードはまずまずなのだが「軽い」。

指導として簡単なアドバイスと突きのコース矯正を行ったところ見違えるような突きの重さとなる。打撃を受ける側のS君(やはり伝統派出身)の表情が明らかに変わった。

表情が変わったのはS君ばかりでなく、U君も同じ。たたらを踏むS君を見て自分のパンチ力の向上を確認できたのであり、思わず笑みを浮かべている。大学や町道場で懸命に稽古しても威力が出なかったものがわずかなポイントを矯正するだけでこれほど威力が変わったという驚きと喜びである。過去多くの会員が示した表情だ。

こちらもかなりU君の身体の癖がわかってきた。これからさらに身体の適正にあった指導を行いたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
57位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR