記事一覧

はじめての自由組手

日曜の稽古では入会3か月のO君をはじめて自由組手に参加させた。前の流派では自由組手をしなかった、とのことなのであるいはO君にとってはじめての組手かも知れない。技術云々ではなく、自由な攻防を体験させるためのものだったので時間は極めて短時間だ。

技術的に細かいところを最初から説明してもできなくて当然、身体が動かなかいことはある程度やむをえない。はじめての組手での具体的な指導は「もっと真剣に、気持ちを相手に向ける」ということだけである。「できれば組手は避けたい」との思いが注意力を他に向けてしまう不安が見えたからだ。

すべてにおいてそうだが安全管理の基本は気をゆるめないことである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

F,Nさん、コメントありがとうございます。
そううですか、Fさんはやはり長く空手をされていたのですね。古流柔術をされていた、とお聞きしたのですが見学にこられたときに背中を確認し、むしろ現代空手の身体の歪み具合に近い感じがしたのですがが今回のコメントで納得がゆきました。
ご質問の件についてはメールで回答しましたのでご確認ください。今後もコメントよろしくお願いします。

初めての組手

ご無沙汰しています。
高校時代に空手を習い始めて、白帯から組手をしてました。最初は怖くてどう動けばいいのかわからなかったです。
それでも毎日通っていくと雰囲気もなれ黒帯の人ともするようになりましたが。
やはり本気ではないにしろ中段蹴りが入り悶絶したこともありました。
それでも次の日には道場に行き練習しました。
通っていた道場はどっちかというと自由な雰囲気がありました。
軽く当ててもよいのです。
それから数年前に捌きの〇〇空手の道場に3ヶ月通いましたが、
硬派で「オス」の世界。あまり馴染めませんでした。
シンガードとヒザガードをつけての練習でした。
最初の道場では素足に素手でしたから。
腫れたりもしましたし痛い思いをしたこともあります。
本来古流の空手で初心者が組手をするまでの過程はどういうものがいいのでしょうか?
最近、そういうことを考えるようになりました。
ご指導よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
57位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR