記事一覧

裏拳打ちと牽制攻撃

ナイハンチをはじめとして沖縄空手の多くの型では裏拳打ちが出てくる。

少なからぬ流派で裏拳は牽制攻撃として見られるようだ。私が沖縄空手で教わった裏拳は肩を柔らかく使うことにより顔面打ちなら正拳に近いダメージを与えるものである。フェイントとして軽く鼻血を出させる程度の効果を狙うのではない。

クリーンヒットしてもダメージを与えられない技は牽制としても効果が薄い。否、なまじ当たって中途半端な痛みを与えてしまうとかえって相手は凶暴になる。

大学のフルコン空手のクラブで他流派出身の同期生がいた。「当てない」流派出身者に少なからずみられるケースだが突き、蹴りが素人なみに軽かった。彼が所属していた道場では前手からの裏拳打ちを多用していたとのこと、「顔面攻撃がいちばん大事。このクラブは顔面攻撃がないので実戦的ではない」などと口癖のように言っていた(だったら入らなければいいのだが?)。

彼はしばしば以前の癖で自由組み手で先輩の顔面に裏拳をヒットさせていた(もちろん反則)。唇を軽く流血させた程度のダメージと引き換えに先輩からのローキック、膝蹴りで彼がボコボコにされていたことは言うまでもない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1068位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
68位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR