記事一覧

復帰

本日の稽古には当会の創立メンバーのI君も参加。

I君は当会の前身の異流派交流会からのメンバー。その会では私がまだ以前の流派に所属していたこともあり、限定的な指導しかできなかったが当会を立ち上げたあとは前の流派を脱して旗揚げに参加してくれた。設立後わずか3か月で、I君は仕事の都合で参加が難しくなり、ここ二年ほどは稽古にはまったく参加できない状態だったのであるが、ようやく今月から月2−3回程度の参加が可能になったとのこと。

空手を続けるなら通いやすい道場に行く等の選択肢もあったろうが、当会での稽古復帰時期まで待っていてくれたことは嬉しい。当会の型は変わっていないが稽古パターンはマンネリ化防止のため時代とともに変化をつけている。後輩達に教わる立場とはなってしまったI君であるが創設時の雰囲気を知るものとして今後の継続的な参加を期待している。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR