記事一覧

受け技の基本稽古

多くの空手道場では基本稽古で受け技の反復練習を行う。サンチン立ち、あるいは四股立ちで上げ受けや下段払い、手刀受けなどを繰り返すというものだ。

この類の反復稽古を行う場合、戒めるべきは受け技のスピードアップのみに気を取られ、肝心の手や腕が「死んだ」状態のままでの稽古を繰り返すことである。受け技は見栄えはするがそのまま自由組手や本当の実戦で使うことは難しい。ある程度修行した相手の本気の攻撃技を手だけを使って受けるのは容易ではない。まして実際には連打がほとんどであるから単発の受け技では防御はほとんど不可能だ。極論すれば受け技の練習は「使えない技の練習」であるからスピードに極端にこだわる必要はないともいえる。

私の教室では型に出てくる受け技にパートナーが手を当て、腕や拳先が「生きている」かどうかをチェックする稽古を重視している。腕が生きていれば相手の出す技のコースが少々変わっても追随できる可能性が高くなる。結果的にスピードが出るのは結構だが最初から一定方向の動きのスピードアップにのみ留意した稽古を行うと違ったパターンを使われると手も足も出なくなる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
67位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR