記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ウエイトトレーニング考

前回のブログについて「ウエイトはダメだが腕立て伏せなど、自重を使ったトレーニングならいいのか?」というコメントをいただいている。

私はウエイトトレーニング自体、必ずしも否定していない。ケタはずれの力を身につけられらば少々の技など跳ね返せるし、即効性という点でもウエイトは有益だ。ただ、普通の才能、体格の人がいわゆる古流の稽古に長期に渡りウエイトをメインとすることには懐疑的である。よほどいいコーチにつかないと弊害のほうが大きいと感じている。

武術的身体、あるいは武的な動きというものを目指しながらウエイトを取り入れる場合「居付き癖」には最大限留意することが必要だろう。重たいものを持ち上げるのに「その場で踏ん張ってしまう」のは自然な動きだがこの癖が自由な身体の動きを止めてしまう。

自重を用いたトレーニングについてはウエイトに比べれば取り入れやすいだろうがその場合でも「正しい指導を受けること、いいコーチがまわりにいない場合にはほどほどにとどめておくのが無難」というのが持論だ。学生時代の無茶な腕立て伏せで肩や肘の変形しているものはかなりの数でいるように思える。姿勢の矯正には非常に時間がかかる。多かれ少なかれ人間の身体には歪み、癖があるのだがやみくもに「質より量」の自重トレを繰り返せばますます変形を助長してしまう。

私の会での鍛錬としてはサンチンの型を利用し、パートナーに身体を軽く抵抗をかけてもらうことで鍛錬としている。器具などは使用していないが皆10分もすれば「キツイ、キツイ」の連発である。それ以外の補助運動は相撲のような押し合いをすることで地力を養成するくらいである。各人、各競技にあった鍛錬がある。私の場合メインとなる鍛錬はサンチンだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

しまさん、書き込みありがとうございます。

ウエイトで付けた筋肉=使えないといった意見を持つ人は確かに少なくないですね、しかもこれといった根拠もなく述べられていることが多い(笑)。筋肉も何が無駄で、何が無駄でないかよほど解剖学の知識がないと断定は難しいでしょう。

確かに簡単にマッチョになるなら苦労はいらない、私も若いころウエイトを熱心に行った時期もありますが仕事や空手の傍らに行う練習ではある程度まで筋肉をつけるとそれ以上大きく見せるのはなかなか難しい。

ウエイトの弊害は無駄な「筋肉」をつける、というより無駄な「筋肉の使い方」を覚えることではないかと思います。興味深いので次のテーマとして一項設けます。

これからもよろしくお願いします。




Unknown

はじめまして。

武道家がウエイトトレーニングに否定的なのはウエイトで付けた筋肉=使えないといった偏見があるからと思います。

プロ野球も昔はウエイトに否定的でしたが今では取り入られてますね。

古流修行者さんは一概には否定しないと言っていますが,私の通っている伝統派の道場はウエイトを否定する人が多いです。彼らの話を聞くとウエイトをするとマッチョになって無駄な筋肉がついてしまうそうです。ウエイトをやっている知り合いは「素人が補強目的でウエイトしただけじゃ無駄な筋肉なんてつかないよ。うちらだって苦労してるのに」と言ってました。
ウエイトをやりすぎて必要以上に筋肥大させてしまうのが問題なのではないでしょうか。

Unknown

そうたろうさん、コメントありがとうございます。

私は学生時代はフルコンがメインでしたので拳立を何度もやらされましたし、沖縄空手をはじめてからも「一度徹底的にパワーアップをしてみよう」ということでウエイトに精を出した時期もあります。今でも当時の写真などをみると「いい身体してたな」と思います(笑)

ウエイトは少しづつ重たいバーベルが上がってくるし、身体も一見筋骨隆々になってくるのが面白いのですが見た目ほどには技の破壊力(特に突き、蹴り)が上がらないこと、腰痛が悪化しそうだったので転勤を機にやめました。少し間が空くとこれまで上がったバーベルは一気に上がらなくなりましたが、胸が薄くなっても特にパンチ力は落ちなかったたことも一因です。今にして思えば年齢的にもいい時期にやめたと思っています。

現在私の会員には特にウエイトを奨励していませんが、いわゆる極真ルールで試合出場をめざす場合、ウエイトか、少なくとも拳立てなどで大胸筋を鍛えることは不可欠と思います。極真ルールで自分は一発も胸を打たれず相手を一方的に打ちのめすということはまず不可能でしょう。怪我防止という観点からウエイトを取り入れられていことは流石だと思います。

Unknown

こんにちは。そうたろうです。いつも深い内容の記事、とても勉強になります。

筋トレと空手の関係はとても興味深く読ませていただきました。

僕もずいぶんとウェイトトレーニングをやってきましたが、怪我防止と割り切ってやってきました。技術に生かそうという考えは持っていませんでした。

自重を使った筋トレならいいのか、とよく聞かれますが、今回の記事の明確な回答はとても参考になりました。

僕の空手の師匠は、いち早く極真にウエイトトレーニングを取り入れた人でしたが、弟子にウエイトをやらせることに否定的でした。

僕も空手を始めて20数年経ちますが、今では、師匠のいった言葉の意味がわかるような気がします。

僕も後輩からウエイトをやりたい、と相談されたら回答に窮すると思います。

基礎体力は必要ですが、筋トレの弊害って大きいですね。

とても考えさせられる記事でした。ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。