記事一覧

身体の歪みと姿勢

身体の歪みについては何度か記事にしている。当会では新入会員への指導の多くは姿勢の歪みを指摘することからはじまる。ゆがみがあるのに人間相手の運動(ハードなものではないにせよそれなりに腰や背中に負担はかかる)を繰り返させると術の習得以前の問題で身体が壊れてしまうからだ。

最近は会員が増えたおかげで、似たような身体の歪みを持った会員も複数いる。本日の稽古では新入会員のMA君の腰が反り返っているのを入会二年のMH君に矯正させた。MH君自身が入会時かなり腰が反り返っており、重度の腰痛持ちであった。現在はかなり具合がよくなっているようが、あらためて同様の癖のある身体をチェックさせることで入会時からの姿勢の変化に気付かせるのである。

同じような身体の癖を持ったもの同士を稽古させることで自分ではわかりづらい自分の身体の癖を見ることができる。「人の振り見て我が振り直せ」は道徳的な意味のみにとどまらない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
57位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR