記事一覧

初心者相手の投げ技の稽古

何度か書いているが私の沖縄空手の先生は稽古で投げ技を重視していた。自由組手で投げ技を多用するためのトレーニングではないく型から生じる一連の動作の結果、相手を容易に投げられる状態(≒死に体)にできているかということを検証するためだ。

軽量や初心者への投げ技稽古は相手を倒すこと自体にはあまり意味がない。
足腰がまだできていないのでパワーだけでも容易に投げることができるが、パワーで投げる癖がついてしまい、力だけの空手となってしまう可能性がある。逆に極力パワーを用いず、正しい姿勢をキープすることのみを意識して投げ技の稽古を行うことが重要だ。

初心者相手の場合、投げられることに対する恐怖心があるし、受け身もうまくととれないので大衆受けする綺麗な投げ技とはならず、尻持ちをついたような形になることも少なくない。しかし、相手を死に体とできるのであれば稽古として意味がある。演武ショーとしては見栄えがしないが。

ある程度受け身がとれ、しかも表演が得意な相手と稽古した場合、十分に効果がない場合でもサービスして綺麗に受け身をとってくれる場合がある。技をかけるほうも「投げたぞ!」という快感があるので十分技ができたような錯覚をしてしまう。投げ技の稽古には初心者相手のほうが望ましい場合もあるのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
57位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR