記事一覧

逆突き

ボクシング (スポーツ入門双書 (10))
高比良 靖男
ベースボール・マガジン社

このアイテムの詳細を見る


学生時代に読み返した記憶がある。
本書の初版は1962年、写真や図解より文章が多く純技術書としては読みにくい部分もあるが練習方法、競技への姿勢など、怪しげな武道本よりはるかに哲学を感じさせる一冊。

本文48ページからの引用。
「右のストレートは、フィニッシュ・ブロー即ち止めを刺す一打です。(中略)ただし右手はやたらに多く使うことは禁物で、十分確実性をつかんだときにのみ使用すべきものです」


さて、先日の稽古での自由組手。有名伝統流派二段のU君、自由組手で大きく半身になり、右手を大きく後ろに引いて逆突き一発を狙っているのが姿勢からうかがえる。

本人によれば意識していない、否、むしろ逆突きは狙わないようにしているとのことだったがやはり長年身体で覚えた動きは簡単には矯正できないということだろう。伝統空手の逆突きはボクシングでいえば右ストレートである。

逆突きは威力の大きい技だが構えた拳から相手までの距離が遠すぎる。名選手ならともかく、普通に鍛えた程度のとびこみ逆突きでは相手にあたえる体感速度はそれほどでもないはずだ。トラップやジャブもなくいきなりの飛び込み突きは「一か八か」といった要素が強い。またアピールしなければ旗の上がりにくいいルールも関連しているのではないか。「相手にわかりやすい」ということは「審判にも見やすい」ともいえるからだ。

ホームランを狙っても打率が低ければ信頼性にかける。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR