記事一覧

握力と指の力

NHKの番組で柔道金メダリストの座談会を見た。五輪三連覇の野村選手が「握力は平均以下、40キロ程度。柔道の力と握力は違う」と語っていたのが印象深かった。

野村選手が非力なわけはない。人間相手の握る力と握力計を相手にする力との違いと察する。

フルコン空手など、パワーを重視する流派を数年修行した人でも大胸筋や僧帽筋の発達にくらべると手首、上腕の力は一般人並みというケースも少なくない。しかし当てる組手であれば相手にもっともコンタクトする可能性の高いのは前腕である。

昔読んだ極真の蘆山先生の著書に「ひじから先を徹底的に鍛錬することが大切」と書かれていた記憶がある。単に前腕をパンプアップさせるだけならアームカールなどの単純な筋トレでも短期間で可能だろうが空手としての拳の力、握る力を鍛えるのは時間がかかる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

F,Nさん、コメントありがとうございます。返信が遅くなりすみません。ご無沙汰していますが変わらずご自身の稽古はすすんでおられますか。
私の先生も握力は80Kgs以上ありました。これは沖縄空手の鍛錬というより先天的に体力があったのと学生時代のスポーツ練習の成果のように思います。機械を対象にした力と人間を相手の力の違いですが先生は両方とも非常に強かった。
空手をボクシングの突きの違いについては面白いテーマですので次回のブログであらためて取り上げてみます。これからもよろしくお願いします。

Unknown

ご無沙汰しています。
その深夜に放映していた番組は偶然私も見ていました。
野村選手の握力は40キロぐらいとは以外でした。
以外ということは多くあるようです。
引退した元世界王者の具志堅用高選手も握力が30キロぐらいだと聞いた事があります。
空手家とボクサーとでは拳の質が違うように思いますが。
先生はどう思われますか?
私の先生は握力が強く、スピードもありました。パンチ力を測る機械があり、その測定器では測るとプロなみにあるといわれたということを聞いたことがあります。
先生はボクシングと空手を両方を器用に学んでいたようです。
今考えるとボクシングに近いような気がします。
そして野村選手は独自の才能を持った柔道家と言えるのではないでしょうか。
では失礼します。
ありがとうございました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
44位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR