記事一覧

自由組手‐前足を固定することの危険性

日曜の自由組手の稽古。
SN君、前進できるようになったのはいいのだが一、二歩前進したところで前足が止まってしまう。口頭で注意してもなかなか矯正できないようなので私が相手になり、止まった前膝関節に擦るように蹴りを入れた(中国拳法でいう釜刃脚、もちろん力は加減している)。
SN君もようやく前足を止めることの危険性に気がついたようだった。膝を前から逆方向に蹴ることはフルコン空手でも反則になるほど威力の大きい技だがなかなか使いづらい。しかし足を止める戦い方をすれば容易にかかることもある。

SN君は90Kgs近い巨体。自由組手ではその巨体が武器になるが戦い方を誤るとその体重が自分に対しても武器になってしまう。膝がつぶれれば体重のあるものほどダメージは大きい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
44位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR