記事一覧

自由組手をはじめる時期

新入会員に自由組手を開始させる時期は会員によりまちまちである。フルコン空手などで鍛えたものならば入会当初から参加させるし、まったく初心からはじめた場合は1年くらい基本、型を繰り返すケースもある。開始の時期は私が上達度合いを確認して決めている。

新入会員のО君は入会3カ月。華奢な体型で入会当初はまったく素人の動きだったが少しづつ型からくる姿勢の強さが出るようになっている。

もちろん自由にスピーディな動きをさせればまだ素人同然、型からの強さを表現できはじめているのは約束稽古、それも比較的静的な稽古のみである。まだ自由組手はさせていない。逆に言えば静的な稽古ですら素人の動きしかできない場合、まだまだ自由組手をはじめる時期ではない、ということだ。

最初から動的な反復稽古(決められたコースですばやい顔面突きをかわす、といったような)も自由組手の前段階として意味はある。短所は半ば先天的な運動能力に上達の度合いが左右されるケースが多いことである。

型を繰り返すことにより学校体育的な運動能力が少々劣っていても型からくる動きでカバーできる。まったくの初心者の場合、自由な動きでも空手の動きが身についた時期に自由組手を開始させている。空手の動きとは型の動きである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR