記事一覧

体重を乗せろ!?

学生時代のフルコン空手では「とにかく突き、蹴りに体重を乗せろ!」と指導された。間違った指導ではない、格闘技だけでなく多くのスポーツでは重心移動によるエネルギーを利用して威力を増している。

ただ相手のある競技で極端に体重移動を利用しようとすればマイナス面もあることを知っておかねばならない。柔道家やアマレスラーは相手の重心を崩し、ふりまわす技術に長じている。最初から相手に体重をあずけきった体制になることは打撃技がヒットしなかったり、当たっても威力がなかった場合などに体重をあずけた状態は好餌となる。初期のアルティメットやプライドなどの総合格闘技などでにおいて空手しかしらない選手が簡単にテイクダウンを取られたケースは記憶されているだろう。

体重を利用すること自体は結構だがそのために自分が「浮いた」状態になる危険性も知っておいたほうがよい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR