記事一覧

クーサンクー −  猫足立ちからの突き

型「クーサンクー」や「パッサイ」では猫足立ちが多用される。逆に言えば基本の猫足立ちがマスターできていないと型を稽古しても効果が薄いということである。

クーサンクーの型は
1)沈むように猫足立ちになりつつ左手で腕受け(内受け)
2)そこから膝を伸ばしながら相手の上段をすくい上げるように打つ
という動作からはじまる。

下の写真は間違った猫足立ちの例。相手の突きを外したのはいいのだが距離が空きすぎてしまい、こちらの攻撃も届かない。





以下の写真は立ち方を矯正したところ。ほんのわずかに腰のゆがみをとっただけで突きが伸びて相手のアゴに拳が届く。





実際のクーサンクーの型では膝を伸ばすことにより更に拳の伸びることを教えている。支え足を伸ばすことにより一層相手に深く打ち込め、また膝の伸びる勢いを拳に伝えることもできる。



ほんの数センチの突きの伸びにより同じパンチでも相手をKOできたり、軽く唇を切る程度のダメージにとどまったりすることは経験されていよう。打たせて打つのも一法であるが姿勢の矯正によりアウトレンジ戦法も使いやすくなる。正しい型、正しい立ち方を身につけたい。

(注 クーサンクーの型では一歩踏み込んで順突きを行うがここではその場での逆突きによる分解稽古を紹介した)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

快諾どうもありがとうございます。

Unknown

コメントありがとう。ブログ拝見しました。
真面目なものであれば引用、トラックバック等かまいませんのでよろしく。

引用

いつもご指導ありがとうございます。
誠に勝手ながら自分のブログに今回の
記事を引用させて頂きました。

もし不都合あるようでしたら削除致し
ます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR