記事一覧

フルコン空手と型

最近ではフルコン空手の道場でも型を指導するところが少なくないようだ。空手人の教養としてある程度型を覚えておくことは悪くないし、様式美を追求するため型試合にエントリーするのもすばらしい。

しかし、現役バリバリのファイターがミットやウエイトを主体とした練習の傍らで神秘の力を求めて型の順番やこじ付け的な分解組手を稽古するのであれば期待したほどのご利益は得られないだろう。これはスポーツ試合を離れた「本当の実戦」を想定した場合も同様である。今野敏氏の言葉を借りれば空手は型で稽古するものであり、稽古に型を足し算するのではない。

私がフルコン空手で教わった型は僅かである。太極1、平安1および平安2の三つだ。いずれも審査の前についでのように教わった。沖縄空手に転向してからはこれらは一切稽古していない。必要性を感じたこともまったくない。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1068位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
68位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR