記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出稽古 − 顔面攻防ありのスパーリング

大学時代のフルコン空手はいわゆる極真ルール、手による顔面攻撃を反則とするものだった。K-1や総合格闘技が登場する以前、キックボクシングのブームも去った後だから直接打撃で顔面攻防のスパーリングができるところも限られていた。

実戦空手を標榜していても顔面攻防の稽古がないのは物足りなく感じていた。先輩の教えは「コンビネーション稽古のときに顔面ガードは意識しとるから問題ないわい、攻撃も日ごろ胸をたたいとるパンチを実戦ではちょっとだけ上に向けたら同じことじゃ!」というものだった。

そのうち私は雑誌で読んだ大道塾のルールに興味をひかれるようになった。関西でも友好団体があると聞き、フルコン空手クラブの同僚を誘い、その道場の好意で出稽古に応じていただいた。はじめてのスーパーセーフを装着しての組手は日ごろの顔面攻防なしの組手と異なり、相手は遠くて当たらず、また血気にはやると日常意識しているはずの顔面ガードも簡単に下がってしまった。胸をたたくパンチをちょっと上方にずらすだけでは解決しない。

出稽古ののち、クラブの仲間が「顔面攻防ありのルールと顔面なしのフルコン空手は別のスポーツ」と言いだしたことが進歩のように思えた(考えてみれば当たり前の話だが)。出稽古に応じてくれた空手道場、誠空会はその後組織も拡大し、プロ選手なども輩出しているようだ。交流を快諾いただいたことを感謝している。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

無名さん、コメントいただきありがとうございます。

私はスーパーセーフ、グローブ組手いずれも数えるほどしか体験したことはありませんが少しスパーリングの数を増やしただけで翌日首痛が厭な感じで残ったことを記憶しています。ボクシングや日本拳法も同様と察します。これに関しては健康管理をしっかり行った上で、各自が自分にあった競技を選択するしかないでしょう。

顔面なしフルコン空手は頭部への影響は少ない点で気軽に打撃系競技に入門するには適していると思います。私も大学入学時にボクシングとフルコン空手のどちらをはじめようか迷いましたが近視だったこともフルコンを選択した理由の一つです。

本文で伝えたかったことは自由に打ち合うことなく、一人稽古のコンビネーションのみで顔面攻防を習得するのは難しい、という私の経験です。

Unknown

はじめまして。過去にボクシングと伝統空手、
現在はフルコン空手をならっています。

顔面パンチなしがフルコン空手の欠点と言われていますが、顔面なしなので普段は仕事をしている一般の会員も気軽に組手ができると思います。

ボクシングのスパーリングではヘッドギアをするとはいえ顔面を中心に殴り合うので頭痛が続き仕事に支障がでる場合もあり、ジムを辞めてしまう人も少なくありません。なので一般会員では少し敷居が高いかなと思いました。

また、素手素足での組手は、自分の攻撃部位の弱さを痛感することができました。

あくまで私個人の感想です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。