記事一覧

腋を締める


腋をしめることは以前にも記事にした。

サンチンの腋の絞りは沖縄空手(那覇手系)の特徴的な動作かも知れないが、腋を締める(閉める)ことの重要性を説く流派は少なくない。極端な例では相撲などもそう。もろ差しをゆるさないよう昔の力士は日常生活でも常に腋の下に小銭をはさみ、腋を締めるトレ―ニングを行ったという。

古流の腋締め自体、原理としてはそれほど難しくない。多くの流派が脱力を強調する。腕の力を抜くだけで自然に腋は「閉まる」のだ。入門時にはまずこのことを理解させる。

しかしならが動きの中で常に腕を脱力させることは難しい。脱力しっぱなしで自由組手を行えば相手にふっとばされる。そこで武的な締め(固め)の必要も出てくる。脱力と固めることを自由組手の中でも自然に行い、かつ威力を出せれば相当のレベルではないか。腋を締めることは簡単でもあり、難しくもある。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
67位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR