記事一覧

ティーバッティング

野球にティーバッティングという練習方法がある。動きのあるボールではなく、止まったままのボールを打つ練習方法である。


ティーバッティング


人によりけりだろうがこの練習方法を好むコーチ、選手も少なくないようだ。仮に理想のフォームがあるとするならば、それを創りあげるには動きのあるボールより止まったボールを用いたほうが確かに近道と思われる。

当会の約束稽古も一般的な伝統空手のごとく動きの中で「ここを突いて」と指示して行うものは少なく、止まったままの拳(すなわち突き手も理想に近いフォームを創る)に対して型の動きを行うことを重視している。空手には理想のフォームがある。空手の型である。

もちろん野球と違い、これができたからといってそのままいわゆる「実戦」に使えるものでない。しかし型を深めることによって空手の身体を創り上げ、その身体を用いて自由組手も行うのである。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR