記事一覧

稽古始め

しばらく稽古を離れていた会員W君から「1月5日になんとか時間がとれました」との連絡。昨日に今年の稽古始めを臨時稽古で行うことになった。

一昨年は土日の稽古にほとんど出席していたW君であるが昨年半ばから仕事の都合で月一日の休みもままならない時期が続いていた。応用稽古ではやはりブランクのせいか今の段階での動きやすい動き(W君が以前習っていたフルコン空手の動き)が出て顔を突き出すような動作となっていた。幸いなことにサンチンの型は自宅で続けていたせいかそれほどの退歩はみられなかった。あとは身体の癖を取り除き、型の動きがそのまま応用に活かされるまで覚えこませることだ。

私の習った流派は沖縄空手でも人間の自然な動きのにもとづいた動きを重視する流派である。最初は難しく感じてもある程度身につけば生涯の友となる空手である。

今年も充実した稽古となりますように。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

お世話になります。
先日は、お忙しいのに稽古をつけていただきありがとうございました。
稽古に参加出来ない日々が続いておりますが、三戦を中心に型の一人稽古は続けていきます。
今年もよろしくお願いします。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR