記事一覧

蹴り足は素早く引け!?

新入会員、特に寸止め系の流派を経験した者に多く見られるのが前蹴りの基本稽古でとにかく足を素早く戻そう、という意識である。
極端に言えば足を上げた時から早く当てることよりも早く引くことを考えているのだ。

蹴り足をつかまれるのは非常に危険な状態であり、素早く引くことは確かに重要である。一昔前の空手の教科書には必ずといっていいほど「蹴り足は素早く引け!」と記されていた。

しかしながらいくら「早く引こう」という意識を持っても、否、早く引こうとすればするほど蹴り足が引き足に変わる瞬間に必ず「間」ができてしまう。わずかな時間であるがその「間」には攻防のすべてが止まってしまうときが多い。

自然な蹴りであれば足が上がれば自然に下りる。無理に引き足を強調するのは不自然だ。陸上競技などでは「足を早く高く上げて!」という指導はあるだろうが「素早く下ろせ!」という指導は稀だと思う。足は上がれば自然に下がるものなのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

軽率な質問でした。大変失礼しました。

Unknown

しまさん、再度のコメントありがとうございます。

前回コメントしているように正しい蹴り、正しくない蹴りということではなく「効けば正しい」のであり、ルールにあった蹴りを道場では指導されていると思います。

前回のコメントで
>多くの試合では掴みや投げを反則としています。私のフルコン空手の経験でも押し込むような蹴りがカウンター気味にきまるとかなり威力があったと記憶しています。

と書きました。逆に言えば掴みや投げが反則とならない場合また戦い方も変わってくるということです。

Unknown

返事ありがとうございます。
早く引こうと意識しすぎると逆に間ができてしまうのですか・・初心者の私にはイメージがしずらいですね。

突き刺す様な前蹴りを使う人もいますがこちらのほうがかなり効かされたので・・押し込む前蹴りはダメージを与えるというよりストッピングの印象を受けました。

Unknown

しまさん、いつもコメントありがとうございます。

最初におことわりですが特定の技術に対して「正しい、正しくない」という表現は私は極力避けているつもりです。流派の思想やルールの違いにより正解は変わります。

>「蹴り足が引き足に止まる瞬間・・」とはどういうことですか

私の表現がおかしかったですね。足の動きが相手を蹴りこむ方向への動きから引き足に変化する瞬間、を表現しました。「蹴り足が引き足に変わるために止まる瞬間」と訂正します。

>押し込む蹴りは古流修行者さんの視点では正しいですか?

多くの試合では掴みや投げを反則としています。私のフルコン空手の経験でも押し込むような蹴りがカウンター気味にきまるとかなり威力があったと記憶しています。

正しい、正しくないについて言えば試合では効けば正しい技です(反則技は別)。基本で素早く引く蹴りを稽古している選手が組手では押し込む蹴りを使う、というのはそのほうがルール上有効であることを身体でわかっているからではないでしょうか。

Unknown

今回の記事の「蹴り足が引き足に止まる瞬間・・」とはどういうことですか?理解力がなくてすみません。

またフルコンの前蹴りは基本では早く引きますが、組手では押し込むように蹴ります。この押し込む蹴りは古流修行者さんの視点では正しいですか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
44位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR