記事一覧

脱力 

脱力を説く武術書は多い。当会でも新入会員には「まず力をぬけ」と指導する。特にパワー系の武道を行った者にとっては簡単にできるようでできないのが脱力である。無駄なパワーが技を殺してしまうのだ。「脱力」レベルができずして自分の身体をコントロールすることは難しい。

さりとて脱力万能といった発想も問題ありである。脱力のみを十年稽古した修行者とパワートレーニングを三年稽古した修行者が戦えば勝率は後者が圧倒的に高い。

鍛え上げることは難しく、誰にでもできるとは言い難い。脱力は簡単とは言えないがある程度誰にでもできる。そして世間一般的な武術パフォーマンスの多くは脱力テクニックひとつで可能であり、優越感には浸れる。

しかし武術と武術パフォーマンスとは直接関係がない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

コメントありがとう、大原君は人より早く脱力をマスターできたのである日突然といっていいくらい打撃力が向上しましたね。入会時のパンチとの違いは自分でわかるでしょうか。

あとは先日の指導でも述べたように自由組手の際に「早く当てよう!」という気持ちがかえって自分の隙になっているのでもう少し余裕を持って相手を見れるようになるといいです。脱力は大事な基本ですがそれだけでは恐怖心を克服するのは難しい。私もまだまだ未熟ですが。

しばらく多忙で出席回数が落ちるとのことですが自宅での稽古を続けていれば組手も復帰後短時間で伸びると思います。

Unknown

私も以前の道場で脱力を試みたことはあります。
その場で出来る技術を本で読んだりしましたが・・・今考えると、その技術が使える状況は殆ど無かったです(苦笑

脱力といっても、どこの力を抜くのか具体的に指導を受けないと難しいというのが今の感想ですね。
逆に型の稽古を通して不要な力みを取ることで、自分の体の感覚が分かり始めました。

後はこれが、組手の中でも使えるぐらい体に染み込めば良いのですが(笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
67位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR