記事一覧

続・蹴り技考

沖縄空手をはじめたとき、蹴り技の使い方について指導を受けた。手技で間合いを測り、とどめに威力のある蹴り技を使うのがよい、ということだった。通常はフルコン、寸止め空手とも間合いの保てる蹴り技で相手との距離を調整し、相手の隙をみて接近戦にもちこんだ後は器用に動かせる手技で極めてゆくケースが多い。

スポーツ空手と逆なんですね、と質問する私に先生は「そうだ、安定性に欠ける蹴り技は多用しない。威力のある蹴り技は接近戦でとどめを刺すために使うのだ」と仰り、突きがやっと当たるくらいの間合いから私の手首の関節をとり、受け技もブロック技も出せない姿勢にして脇腹に鋭い蹴りを放った。もちろん寸止めされるのであるが身体の中を鋭い槍が通ったような感触がつきぬけた。

いわゆる総合格闘技ではフルコン空手などに比べ蹴り技、特に高い蹴り技は多用されない。威力の大きい蹴り技も禁じ手の少ないルールの中だと掴まれてしまった場合は攻守逆転してしまう。また相手の急所に正確に当てこむ意味でも手技に比べると確実性に欠ける。相手の肘などを蹴ってしまい、攻撃したほうが足を怪我してしまうケースは少なくない。もちろん先生がされたように相手をトラップした状態であれば安全性、確実性ははるかに増す。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

すいません、間違えていました。
ご指摘の通り「帯から上」です。

Unknown

しまさん、コメントありがとうございます。

>蹴り足を掴まれてしまったときの対処法はどのような方法がありますか?

どのようなものがあるか、ということに関しては「色々ある」という回答になります。
稽古として行う一例をあげれば型「クーサンクー」を利用して掴まれた手をふりほどきながら逆に蹴りを入れる技などがあります。
また自由組手で比較的使われるのはおっしゃるように足を持たれた状態のまま相手の空いた顔面を手で攻撃するようなパターンですね。
いずれにしても相手の技量がこちらより劣り、蹴りを掴まれた状態でもまだこちらに余裕があるときでないと使いづらいでしょう。より大事なことは
1)掴まれるような状態で蹴りを使わない
2)万一掴まれても一気に重心が崩れるような蹴りになっていない
ことだと思います。

Unknown

卍蹴り君、コメントありがとう。
このところ非常に姿勢が良くなっているので蹴りも重く、かつ速くなっています。左右差は気になるところですがこの調子で稽古を続けてください。
「帯から下は蹴らない」→「帯から上は蹴らない」の間違い?

Unknown

いつも記事を楽しみにしています。今回の記事の内容もとても参考にさせていだきました。

記事の趣旨と少しずれてしまいますが、蹴り足を掴まれてしまったときの対処法はどのような方法がありますか?
私の場合、たとえば左の中段廻し蹴りをキャッチされたら、素早く掴まれた足を折り相手に接近し、顔面に左の肘打ち(寸止め)でしています。このとき相手の右手はキャッチでふさがっているので大概決まりました。ただ相手が上級者になってくるとキャッチせずに足払いしてきますが・・・

Unknown

よく書物等で帯から下は蹴らないと
ありますが、先生にご指導頂いてか
らようやく腑に落ちる事が出来まし
た。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
67位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR