記事一覧

しっかりした身体を創る

会員SS君がこのところずいぶん姿勢がよくなり、また腕や首まわりが太くなっている。もちろんウエイトや腕立て伏せといった筋トレの結果ではない。また体型にあらわれない場合でも入会半年くらいでほとんんどの会員が握力や足腰の粘りが著しく強くなることを実感している。

華奢な人が偏った筋トレで鍛えた場合、大胸筋や上腕二頭筋が発達に比して肘から先が細く、指や掌も薄いアンバランスな身体となっているケースが少なくない。

空手本来のトレーニングにより筋トレでは鍛えにくい肘の横や手首の小さな筋肉が発達してくる。 サンチンの型や基本運動を自然に繰り返すことにより空手用の筋肉が鍛えられる。サンチンは力をぬいた状態で行うのであるが負担の小さいものではない。むしろ非常にキツイ。

自然であり、かつキツイ稽古により空手用の柔らかく、しっかりした身体を徐々に創りあげるのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR