記事一覧

サンチンの力

投げ技の稽古の際、「上手く投げよう」「強くなげよう」という意識を持つと上手く技がかからない。そのようなとき投げ技に入る前に軽く「サンチン」の動作を行うことで不思議と相手の身体が軽くなり、今までかからなかった技がかかることがある。当会会員の多くが体験していることである。

個々の技術に関してはそれなりに理屈で説明する私であるが、なぜサンチンの型を行うと身体が安定し、技がかかりやすくなるのか上手く説明できない。ただ「できる」という事実があるだけだ。

投げ技の解析はできなくともサンチンの型を念入りに指導することはできる。型の奥深さを体験した会員諸氏は一層熱心に稽古を行うようになっている。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

現在修行中さん、コメントいただきありがとうございます。
流派が変わってもベースとなるほどの型の指導を受けた経験を持てたことはすばらしいと思います。
私も他流も研究するほど沖縄空手の先生に教えていただいた五つの型の良さが一層理解できるようになったと感じています。

型の醍醐味

型は普段意識することのない体の使い方や、
内部感覚を気づかせてくれます。
組手で、型の動きを上手く引き出しせた時は、
無駄な力をいれることなく、技がかかります。

これが私にとっての型稽古の魅力だと思ってい
ます。今は全空連の道場で稽古していますが、
ベースは以前、師事した先生に教えて頂いた
基本と五つの型です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR