記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実証

N君は会員歴二ヶ月、表演中心の武道の有段者だ。熱心に通っていたのだが残念なことに仕事の都合で4月から上京することになった。

日曜の稽古ではわずかな時間であるが自由組手に参加させた。本来はまだ組手をはじめる時期ではないのだが4月以降は出席頻度が激減することはやむを得ないので経験させたのである。

「前の流派で習った関節技なども使ってかまわないぞ」とも指示したが、自由に動く相手の手首を捕まえることは容易ではない。

演武のみの稽古の流派をされている方の中には「本当にこの技が使えるのだろうか?」と不安を感じている方が少なくないと思う。逆に言えば「ひょっとしたら使えるかも・・・」との期待も持っているのである。道場の組手は真剣勝負ではない。しかし、制約の中とはいえ実際に「動いてみた、使えなかった」経験は頭の中だけでのシミュレーションより意義はあると思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

無名さん、いつもコメントありがとうございます。

>私は型稽古はかなりの上級者か空手に多くの時間をさける者のための稽古方法ではないかと思います。

>一般会員の多くは型稽古は「昇段審査に必要だから」「先生にやれと言われているから」という理由ばかりでした。

私はフルコン空手ではほとんど型は行わず、沖縄空手では稽古の大半が型でしたので型と競技的な技術を平行する道場に通った経験がありません。参考になるコメントでしたので無名さんへの返信も兼ね、一項を設けてあらためて述べたく思います。

一般会員の視点

私は型稽古はかなりの上級者か空手に多くの時間をさける者のための稽古方法ではないかと思います。私は以前に型稽古中心の流派に所属していましたが、一般会員の多くは型稽古は「昇段審査に必要だから」「先生にやれと言われているから」という理由ばかりでした。パターンを覚えるためだけに集中しなぜこのような動きをするのかを理解していない、つまり型のための型稽古になっているのです。

かなりの上級者ならば型を組手に応用できるとは思いますが、一般会員には少ないと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。