記事一覧

型にとらわれないことも重要、しかし・・・

戸隠流忍法体術の初見先生の著書によればFBIは日本の武道家からレッスンは受けないようにしているらしい。日本人は練習のパターンばかりを重視する。何が起こるかわからない現場でパターン練習にとらわれていると咄嗟の判断が鈍るというのが理由である。ありえる話だ。
私も「実際には何があるかわからん!道場の技など役に立たんもんやと思って稽古しろ!」と口癖のように入っている。

いわゆる古流でも実戦派の先生には型(形)を重視しない先生もおられる。私が強く影響を受けた先生もそのタイプだった。型なんか知らんでも強いものはいくらでもいる、観賞用の武道になってはいかんという考え方だった。忍法体術のほかにシステマや大気拳なども型にとらわれることを嫌い、どのような状況でも自由に動けるよう身体を練ることに重点を置くという。これらの流派の成り立ちに詳しいわけではないが創始者はパターンにこだわることの危険性を十分に知っておられたのだろうと察する。

さて、ここで稽古法(一人稽古)を考える必要がある。これらの流派を修行された方の感想を伺ったことがあるが

私も他の稽古生も自主トレで何をしていいかわかりませんでした。他流の経験があるならともかく、私の場合は全くの初心者だったので・・

というものだった。もちろん受け身や最低限の基本動作は行うが技としての稽古を一人で行うのは難しいということだった。

型にこだわるな、というのは正しい指導である。しかし、素人の動きのままでいいわけではない。

守、破、離と言われるがこれらの流派では守、破の部分をいかに克服させているか、興味のあるところである。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

現在修行中さん、コメントありがとうございます。

私の会でも稽古はパターンを覚えるより、型で身体を練り、とっさに身体が反応できるようになることを重視しています。型の「動作」を記憶するというよりも型で練った「身体」で「反応」を行えるようになることを重視しています。

Unknown

なるほど、パターン練習は判断が鈍るという考えもあるのですね。
私は型から技を引き出し、状況に応じて
変化させるという考えです。
型の反復稽古で型の動きを体に刻み、とっさのときは型の動きを応用して、対応しています。

あくまで私の主観です。
「とっさ」といっても、街の喧嘩というか、小競り合い程度ですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR