記事一覧

正座での稽古

最近はそうでもないようだが一昔前の合気道では座り技の稽古を重視したと聞く。源流となる大東流も座り技に特徴がある。

私の空手の先生も沖縄空手としては珍しく座り技を重視され、一時期は正座しての稽古に稽古時間の半分くらいを費やした時期もあった。

座り技は座ったまま格闘を行うための稽古ではない。下半身の動きを制限された状態での稽古によりハラを養成するのである。

立ったままの技だと体重移動や膝の屈伸などの比較的簡単なテクニックで技をかけることが可能だ。しかし座った状態でインスタントなテクニックを使うことは難しい。しかし最初に難しい(ごまかしが効かない)座り技を稽古することでハラの感覚を要請できれば立った姿勢でハラを使うのは容易になる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
44位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR