記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄空手は難しいか

沖縄空手の道場に通っている時期に何度も思ったことがある。

「こんな難しい武術、自分には習得できない。先生のような天才しか強くなれないのではないか」

同様に感じていたものは多かったのだろう。先生の名声を聞いて入会するものは多かったが2−3年で去ったものも多かった。

そんな私であるが現在では沖縄空手は中国拳法や合気などより簡単な武術ではないかと感じている。ある程度「型で稽古できる」レベルになると型を繰り返せば自然に型が術理を教えてくれる。そしてその型の数も覚えられないほど多くはない。

このことで私の先生の先生(流派の創始者)が昔雑誌インタビューに応えていた。

「本当に熱心にやっていれば(技術は)知らず知らずに変わっているはずと思います。(中略)空手は物を持たないだけに難しく感じることもありますが、わからんほどじゃないです。武道の中で一番簡単じゃないでしょうか。」

極論すれば空手は型なのである。そして数もそれほど多くない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。