記事一覧

身体の癖

以前のブログで紹介した出身道場の弟弟子、X君であるが体験参加を経て当会に入会した。稽古は難しいが日々上達が感じられるので楽しいという。流石に先生の指導を受けているだけあった礼儀等がしっかりしているので今後楽しみにしている。

さてX君、型の順序はひととおり前の流派で教わっているのであるがハラが抜け、アゴが出ていかにも初心者という姿勢のままだった。聞けば動作以外の細かいポイントについて指導を受けた記憶がないという。型の順序は当然当会と同じものを習得しているので本来なら教えやすいはずなのであるが間違った力の入れ方(先生が本来指導するはずのない力の入れ方である)のまま年数のみを経ているので悪癖が身についており、どのような順序で教えればよいのか少々思案中である。丁度よいケース・スタディとも言えるのだが・・・・

写真は当会でのサンチン指導の一場面。初心者は胸の力の抜き方や肘の位置など徹底的なチェックを受けることが必要だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR