記事一覧

逆瞬発力

スポーツの世界でよく使われる「瞬発力」という言葉がある。簡単に言えば必要な筋肉を瞬時に収縮するスピード、あるいは力とでも言えようか。

例えば陸上競技のスタートダッシュ。足首、ふくらはぎの筋肉をスタートという意識の瞬間に伸筋を素早く収縮させる。意識の伝達と筋肉の収縮、これらの速度の差がスタートダッシュの差となる。

武道、武術、格闘技においても瞬発力は重要な要素である。「打つ!」と決めた瞬間にすばやく筋肉を収縮させるスピードは速ければ速いほどよい。もちろん古流においても同様である。

さて、多くの古流で重視されるのが脱力である。古流や合気に興味を持たれているかたは脱力により身体が重くなったり逆技がかかりにくくなったりするパフォーマンスをご存知と思う。

これを実際に応用するには自由組手等の中で必要に応じ瞬時に筋弛緩(脱力)できる身体にするための稽古を行う必要がある。スポーツ格闘技のスパーリングで相手の体勢に応じ瞬時にパンチや投げ技を繰り出す力=瞬発力を養成することと同様だ。

古流技術を組手等で活かすためには筋収縮と筋弛緩のトレーニング双方ができれなならない。瞬発力とそれと逆の力、いわば逆瞬発力も必要なのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR