記事一覧

技のキメ、とは何か?

先日の型の稽古中、新入会員K君より質問、

「型のこの部分で技のキメを入れればいいんですね?」
「ん?技のキメって何?」と私。
沈黙するK君。

 意地の悪い回答となったが「型(あるいは基本)のこの部分でキメを入れなさい!」といった表現は武道の技術書に多く見られる。しかし、具体的にキメとは何かについて流派を超えた定義はないと思われる。

 キメの類語としてはトドメということになろうか。流派によっては投げた後に突き、あるいは蹴りのポーズをとることをキメと称している。

 多くの場合、型のキメとは突きの最後をガッチリ固め、観客や審判に向かって力強さをアピールするものを指しているように思う。演武や型試合ならこれでいいのだが最後に力む(それも外部から確認できるほどハッキリと)ことはトドメをさせるほど威力のある技とはならないケースがほとんどだ。逆にボクシングのアッパーやムエタイのハイキックは破壊力は高いがキメを意識して稽古しているとは思えない。

 型や基本稽古では突く位置は決まっている(私の流派では肩の高さより少し低いくらい)。初心者は一回一回バラバラな位置を突く。それでは、と無理に的を固定すれば居着いたガチガチの貫通力のない突きになってしまう。突きの位置は小手先で調整するのではなく胴(ハラ、腰を含め)すべてで調整するのである。身体がしっかりすれば突く位置は決まってくる。しかし、胴にくらべ落ち着きの悪い拳はなかなか位置が定まらないが、稽古を積むうちに拳の位置も機械制御の如く安定し、威力も生じてくる。

 キメはコツを教わったからといって初心者がすぐできるものでもなく、無理やり創るものでもない。正しい型と姿勢で自然にできあがってくるものと考えている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
44位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR