記事一覧

準備体操

発足当初はいきなり自由組手から稽古をはじめた当会であるが最近は真向法や脱力運動などの「身体を創る基礎的な運動」から稽古をはじめている。人が増え、それぞれレベルが異なるため基本の身体創りを重視せねばならないこと、また怪我の防止も重視するようにもなったためでもある。

「身体を創る運動」といってもラジオ体操的なストレッチとは異なり、それだけで武的身体を創ることができる運動ではある。学校体育的な力とことなり、ハラの力、身体の締め方や緩め方を習得させるせためのものである。運動能力の高いものでも最初は軽く腕をまわすだけで身体ごと振り回されるほどだ。

とはいえ、稽古をあまりパターン化してしまうと別の問題も生じる。稽古のカリキュラム化とでも言えばよいか。マイナス面は考慮せねばなるまい。身体創りはともかく、精神において安心感ができすぎてしまうのである。

私が自由組手を教えていただいた先生は準備体操をことのほか嫌がった。私が仕事で疲れ、稽古前に首や腰を伸ばしただけで「君は襲われたときに『準備体操が終わるまで待ってください』とでも言う気か?健康スポーツなら他所でやれ!」と叱責されたものだ。

準備体操をしなければどうしても不安、という人は武術(「格闘技」ではない)には不向きなのかも知れない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

入会検討中さん、自由組手については問い合わせが多いので「入会案内等」のカテゴリーに一項を設けていますのでご覧ください。

おっしゃる「ガチガチのスパー」がUFCのようなものを想像されているのであれば当会の組手は拍子抜けする程度の軽度なものです。

自由組手である以上100%安全、とは言えませんが、通常の社会人を対象としておりますので安全面を重視し、せいぜい鼻血や口を切ったりする程度の怪我でおさまるよう気をつけています。

Unknown

しまさん、コメントありがとうございます。
暴漢等に対する護身、という見地からのご質問と思います。
逆説的なようですが完璧な護身術などない、というのが私の考えです。会員には「空手なんかやってもいざというときには何の役にも立たんと思え!」と指導しています。
体調が悪かったり、相手のほうが強かったり、凶器を持っていたり、多人数であったり、こちらに不利な状況はいくらでも想定できます。護身目的なら空手など非常に効率の悪いものです。それを承知した上でこの道を選択した以上その中でのベスト(に近い)稽古を行う、という意味での今回の記事とお考えください。「人事尽くして天命を待つ」ということです。

自由組手

ガチガチのスパーを練習でするんですか?

Unknown

いつも記事を楽しみにしています。

>「君は襲われたときに『準備体操が終わるまで待ってください』とでも言う気か?健康スポーツなら他所でやれ!」
スポーツ感覚で空手をしている私にはとても耳が痛いですね。
そして一つの疑問が浮かぶようになりました、もし稽古後やトレーニング後の疲れきった状態で襲われたらどうするのか?
それこそ「今は疲れているので明日にしてください」とは言えませんね(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR