記事一覧

自由組手について

当会は月2−3回自由組手を行っています。もちろん、アマチュアである以上安全性には十分な留意をしています(十分な監視のもとで行う、経験が浅いものは自由組手を見合わせる等)が、まったく緊張感のないゲーム的な組手では稽古の意味がありませんのである程度の厳しさはもたせています。

他流経験者から最初の組手の後に「以前の道場で懸命に稽古した技もルールが変われば案外出てこないものですね」という言葉を聞かされることがよくあります。会員のバックグラウンドはさまざま、キックボクシング、フルコン空手、伝統空手、総合格闘技など。他流経験者も最初は戸惑いながら徐々に自分の習った流派の技を活かしながら柔らかい動きも取り入れた組手となってきます。

当会の自由組手はさまざまな状況で柔軟な対処ができるような稽古としての位置づけを心がけており、極力ルール、状況の変化にも対処できるものを心がけています。熱心にくる会員なら半年くらいで身体が徐々に変わり、少々組手のルールが変わっても身体が対応できるようになっています。もちろん、まったくの初心者でも戦い方を覚えた後は経験者との組手にも参加しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
70位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR