記事一覧

投げ技の約束組手失敗

このサイトとリンクしているそうたろうさんのブログ「フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ」に興味深い記事があった。

私の空手の先生は技量、強さとも非常にレベルの高い方だったが、それでも稀に約束組手を失敗されるときがあった。触れずに倒すとかいった類のものではなく、通常の受け技→投げ技の約束稽古だ。先生は常々わざと倒れる稽古を「慣れ合い稽古」と呼び厳しく戒めていた。失敗もその時代の道場ならではと思うとむしろ稽古の真剣さの表れともいえる。近年はどうなっているのか知らないが、往時は技の効果がないのにわざと倒れると厳しく叱責されたものである。

特定の約束稽古の技がかかりにくいものは確かにいる。悪意はなくとも関節が常人よりも硬すぎたり、柔らかすぎたりすると技はかけにくい。また力士のように下半身が頑強であれば当然技はかけにくい(いい稽古の機会であるとも言えるが)。

約束稽古の技はかかるにこしたことはないが特定の技や稽古相手で失敗したとしてもとりたてて問題とは思えない(特定の人物にしかかからない、というのは問題であるが)。演武会や素人相手のビックリ体験会が目的でないのであれば実戦では自分の得意な技(というか動き)で勝負すればいいのである。フォークボールが投げられなくとも別のウイニングショットがあればピンチにも自信を持ってマウンドに立てる。

何十人、何百人と稽古生がいるような道場で先生の技が誰にでも同じようにかかる、というのであればその先生はよほどの達人かも知れない。あるいはただの慣れ合い稽古かも知れない。読者諸賢は自分から技にかかっていないだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR