記事一覧

2007年2月11日

今日は組手で生徒達の動きが非常によかった。3人立て続け(といっても時間はたいしたことない)に組手をすればバテバテだ、トシのせいにしておこう。皆突き、蹴りに威力が出ており、しかも攻撃に切れ目がなくなっているので私も意識的に受けにまわってあげることがほとんどできない。毎回のように打撃を受けながら果敢に向かってくる46歳Fさんに拍手だ。それでもこの半年で一方的に壁に追いやられるケースが非常に少なくなっており、他流でベテランの他の生徒を苦戦させるシーンもみられた。
アマチュア、短いキャリア、しかも練習時間の限られた通常の社会人の稽古なのでもちろん強さのレベルは知れている。それでも努力すれば達成可能なレベルでの強さすら放棄する道場にはしたくない。スポーツと実戦は違うのだ、との言葉は確かに事実であるがそれを言い訳に武道をはじめた動機から目を背けてはならないと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR