記事一覧

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
増田俊也
新潮社


以前籍をおいていた空手道場であるテーマについて後輩達と議論したことがある、「戦前の柔道と戦後の柔道はどちらが強いか?」

タイムマシンがない以上正解は出せないがこの種の話題はつきない。後輩たちは「戦前のほうが強い」という意見が多かった。戦前の柔道は武道で戦後柔道はスポーツだからという理由からだ。

私は異論を出した、
「武道精神が戦前のほうが強かったことは間違いないだろう。しかし、ルールの中で戦う以上その中での優劣が問われる。「平均的な戦前の柔道部 VS 平均的な戦後の柔道部」なら戦前のほうが強かったと思う。しかし「戦前の全日本選手権クラス VS 現在の全日本選手権クラス」で団体戦をやれば7:3くらいで現代の柔道家が勝つんじゃないか?
理由は
1)現在の柔道家は会社に所属していても一般のサラリーマンと異なり事実上プロ。全日本クラスの選手はほとんどが一日中稽古をしており戦前と比しても稽古量は劣らない。
2)体格差の問題はやはり大きい。現在の全日本クラスの平均体重は戦前より2−3階級くらい上ではないか?
3)日本人との稽古がほとんどだった戦前の選手と異なり現代の選手は体格、体力の上回る外国人選手とも試合や稽古を行っており経験、バリエーションが豊富

等々。」

ここで「但し・・・」が入る、「木村政彦クラスを例外として・・・」。

強豪ぞろいの全日本選手権においてほとんどの試合を一分以内で終了させている、ケタ違いの実力が誇張ではないのだ。凄すぎる。本書は既出書からの単純な引用(孫引き)を極力さけ、一次資料からの検証となっており、進むほど凄さの説得力が増えるのだ。約700ページ、そのすべてから著者の柔道と木村政彦への思いが伝わる大著。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

そうたろうさん、こんばんは古流修行者です。

そうたろうさんもこの本を読まれたのですね。凄い本です。小さな活字で約700ページですが読み始めると止まりません。強さも鍛錬もケタが違う、それだけに力道山が許せなかったのでしょう。木村先生の怨念が乗り移ったかのような大著です。

物語の端々に植芝盛平、大山倍達、塩田剛三などの大物が登場するのも読みごたえあり、昭和武道史の表裏が凝縮されたような著書ですね。

コメントいただきありがとうございます。リンク歓迎ですのでよろしくお願いします。

木村政彦

こんにちは。そうたろうです。

僕も先日、『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』を購入し、せっせと読んでいます。

ゴング格闘技連載中から読んでいたのですが、
まとめて読むと、連載中とはまた違った印象があります。

それにしてもスゴイ本です。孫引きではなく、きちんと取材をして書いているので、説得力があります。

木村政彦さんの伝記も持っていますが、ゴーストライターが書いたものだろうと予測はついていましたが、記憶違いなどもずいぶんとあるみたいですね。

また、戦中、戦前の武道界の流れがよくわかります。今まで断片的な知識しかなかったのですが、点と点がつながってきました。

それにしても、木村政彦先生といい猪熊先生といい狂気じみた稽古ぶりには圧倒されます。

久しぶりに読み応えのある書籍です。

著者の増田俊也さんの今後の活動に期待したいです。

この本、そのうち、僕のブログでも紹介したいと思います。古流修行者さんの記事もぜひ読者の方に読んでもらいたいので、リンクをはらせていただくかもしれません。

よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR