記事一覧

重みは常に下 − 崩されにくい身体を創る 

一昔前の剣道家の写真などをみると下半身にどっしりとした安定感が感じられる。現代の高校剣道や高校空手の稽古などを見ればフットワークを重視するせいか足もとが軽く見えることが多い。

当会はいわゆる筋トレはほとんど行わないが補助運動としてお互い相撲のように組合った姿勢から押し合う稽古などをたまに行う。押す力を鍛えるためではない。常に重心が下がったままの体勢をつくる稽古である。

柔道でも空手でも技量伯仲の場合、普通に対峙していればそれほど身体を崩されることはない。しかし試合巧者はこちらが技をかけようと一瞬身体を浮かせた瞬間に足払いなどをかけてくる。「素早く動こう」とする一瞬のすきをつかれ、体勢を崩されたり場合によっては綺麗に投げられてしまう。この状況をスピードだけで対処するのは限界があるので身体自体を崩されにくくする必要があるのだ。

スピードのために「重み」を犠牲にしないことを心がけている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR