記事一覧

前蹴りに対する下段払い受け

約束組手 − 離れた位置からの単発前蹴りを下段払いで受け、突きや回し蹴りで反撃する。フルコン、伝統派を問わず多くみられるパターンと思う。

大学のフルコン空手クラブで最初に教わったのが相手の左前蹴りに対する反撃法(サバキ)だった。お互いにオーソドックス(左足前)に構えた状態から相手が前足(左足)で前蹴りをしかけてくる。こちらは前手(左手)で相手の蹴りを受け流した後に反撃するというものだ。

大学で教わったことは相手の前蹴りに対し下段払いを出すと同時にフットワークを使ってサイド(相手の左側)に入れというものだ。自分が上級生になると自由組手でも後輩達の蹴りはこの受け技で流せるようになり、上手くいけば背後にまわりこむことができる。

さて、後輩には使える下段払いだが同級生以上、あるいはレベルの上がった後輩には自由組手では徐々に使えなくなってくる(約束組手なら可能だが)。二回生の後期くらいになると皆かなり強い蹴りを打ってくる。さらに自由組手ではフェイントもありだ。ボディへの蹴りかと予想してしまい、ガードを下げると上段に蹴りをもらったこともある。そもそもまわりこめるほどのフットワークがあれば最初から手の動きは最小限にして足だけで防御したほうが合理的なこともわかってくる。

お互い構えた状態から 「相手前蹴り → 我下段払い → 突き、もしくは蹴りで反撃」との約束組手は後年、沖縄空手の道場でも行った。
稽古生どうしではパワーやスピードをあらかじめセーブしており、本当の約束練習だった。

しかし先生は黒帯の稽古生がかなり思い切った前蹴りを放っても軽く下段払いで受けることができた。否、思い切り出そうと思うのだがなぜか先生に向かって蹴ると「あれ?」といった感じで間合いが読めなくなり、ふ抜けた蹴りしか使えない、不思議な状態となった。そう、先生は思い切り蹴ってきた前蹴りを力いっぱいの力一杯の下段払いで受けていたのではない。 結果的には力のない前蹴りを下段払いで軽く受けていたのである。先生の間を殺す技術は今でも真似できない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

Fさんコメントありがとう。私が参加しないはじめての企画でしたが充実していたようで何よりです。今後も稽古に励んでください。

セミナー

I先生ありがとうございました。Sさんご苦労さまでした。「虚と実」大変よくわかりました。組手に活かして行きたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR