記事一覧

偉大なる指導者?

連日北朝鮮のニュースが続く。今ではプロパガンダを信じる人はいないだろうが70年代くらいまでは北朝鮮を理想の楽園とマスコミが報じ、信じる人たちも少なくなかった。悪いニュースを公的に出さないことで理想の指導者、理想の組織を宣伝していた。

近年の歴史研究では徳川吉宗や松平定信が名君とされていたのは徹底的な言論統制の結果であることが定説となりつつある。逆に言えば彼らの時代、体制は自由な言論を許さない暗い時代であったということだ。宗教や武道の世界などでもちょっとセミナーに参加したり特定のマスコミ記事を読んだ程度の接触で指導者を神様にしてしまい、悪意なく周囲に宣伝しまくる人たちも多い。そして入会後に感じるギャップに悩む人も少なくない。

完璧なリーダーとは完璧な人間(≒神様)に等しい。つまり現実にはありえない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR