記事一覧

サンチンからの展開

今日の稽古ではSS君にサンチンから応用型への展開を指導。

SS君は流石に古参会員だけあって術理をよく理解している(頭では)。身体に癖があり長くサンチンがなかなかきまらなかったが最近はかなりハラもできており、重心も落ちている。

さて、サンチンはできてきているのだがパッサイやクーサンクーなどの応用型になると背中を曲げたりお尻を突き出っすといった昔の悪い身体の癖がまだまだ出てきてしまう。サンチンをするときには下半身の無駄な力が抜けている。しかし動きの大きく、スピードも要求される応用型になると下半身の無駄な力を抜く、といった重要な点を身体が忘れてしまうのである。

応用型は難しく感じるかもしれないが所詮型である。自分のペースで身体を動かせばよい。型で身体が思うように動かないということは自分のペースで身体を動かせない状況(自由組手や本当の実戦)でまったく身体が思い通りに動かないのも無理はない。

サンチンは身体を創る素晴らしい型である。身体創りは絶対に必要だ。しかし身体創りだけでは武の目的とはならない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

今日はご指導どうもありがとうございました。
今回も新たな発見、気付きがありました。
一層稽古に精進して行こうと思います。

スピードに負けて悪い癖が出るのが理解出
来たのが今回の一番の収穫かと思います。

次回も宜しくお願いします。

昨日はお疲れ様。サンチンのゆっくりした動作ではかなり正しい動作ができてきているのは稽古が正しい方向に進んでいることと思います。スピードがある型では姿勢がブレるのはまだ身体では覚えていないということ、これからもっとサンチンを練りこんでください。
SS君の場合足に余分な力が入ると臀部までセットになって余分な力が入る → 姿勢が崩れる悪癖があるので注意。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR