記事一覧

格闘スポーツを武術に活かす

高校時代のアマチュア・レスリングの練習で相手に足をとられて倒された際に素早く相手に背を向け、マットにうつ伏せになる、というものがあった。フォールを避けるため腹ばいになり背中も後頭部も相手に向けてしまうのである。

アマレスではフォールを避けることが絶対条件なのでこのポジションをとるのだが、なぜか当時からこの練習に違和感があった。今でいうリバースマウントを簡単に許すポジションだ。もちろん打撃も絞め技もないレスリングでは気にする必要はないのだが。

念のため付け加えるがアマレスは格闘的な基礎体力の養成に最高のスポーツだと思っている。柔道や空手にくらべ身体を偏りなく鍛えられるし、スタミナの消耗度はそれらの比ではない。多くのアマレスラーがUFCなどでも活躍している。ルール上やむを得ない部分が自分にとって違和感があっただけだ。

後年、自由組手を指導いただいたI先生から
「格闘技をやるんやったらスポーツと割り切ってパワーやスピード、スタミナを徹底的に鍛えることや。将来武術に転向したとき役に立つのはスポーツで鍛えた地力であって技やないからな」
と指導いただいた。

私は割り切りが苦手だったのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR