記事一覧

2007年2月24日(土)

本日は稽古場が柔道場だったので投げ技や立った姿勢から一気に固める方法を流れの中で稽古してみた。投げ技を稽古で重視するが組手で投げ技そのものを使うのではなく、相手が「死に体」になっていることを確認するために行うのだ。
型は入会3ヶ月のN君にナイハンチを教える。体にかなり癖が残っており少し早いかな?とか思ったのだが逆に回転動作のある型で体が歪んでいることを体感してもらえれば、と思う。
他流の指導員をしている古参のS君、ようやく型が伸びてきた。組手は半年ほど前から姿勢がよくなったのだが型だと単独で行うためか他流の癖がなかなか抜けなかった。稽古熱心な彼が型を通じて一人稽古の充実度が増せば今年は大きな進歩が期待できよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR