記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然な動きとは

私の教室では経験者は比較的早期に自由組手に参加させるがまったくの初心者は相当期間(半年ー1年くらい)の基本や約束稽古、基礎練、もちろん型の稽古のあと自由組手に参加させている。

型は初心者のほうが身体の癖がなく、技を覚える上で好条件なこともある。しかしながら自由組手になるとしばらくは経験者との差が出てしまうことがほとんどだ。安全には留意しているといっても恐怖心の克服は簡単ではない。しかし、この時期をのりこえないと演武会以外で使いものにならないケースがほとんど。頑張ってほしいと思っている。

組手のときは小細工に走らず、自然に動けと指導する。未経験者のほとんどが「どうやっていいのかわかりません」と言う(言葉にしなくても顔に書いてある)。

殴られるのはいやだ、だったら相手の手を抑えればいい。思い切ってタックルするのも一つの方法。つまづいたときには誰でも手を前に出して身体を守ろうとするのが自然な動き。先天的に誰もが身につけている。

中途半端に事前に書物やDVDから仕入れた受け技やコンビネーションを使おうとするから迷いばかりが生じる。無理やり練習もしていない後天的な技が使えるわけがない。

もちろん初心者が手を伸ばしたり、頭から突っ込んだりすれば返し技やカウンターを食らうことも多い。それでも攻撃すれば勝率はゼロではない。単純な手を出す動き一つとっても素人の手の出し方と経験者の手の出し方は確かに違う。しかし、最初は誰でも初心者なのだ。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

長い間、指導頂きまして有り難うございました。
初めて伺った時は、腹や動きの理論が全く分かりませんでしたが、
続けるといつの間にか感覚がわかり始めました。

今後のテーマの一つとして、
型で馴染ませた体の動きを、組手でも使えるように頑張ります。

東京でも練習会のように続けますので、
また関西に行った際は宜しくお願いします。

また・・・今生の別れみたいな書き方をして(笑)

大原君は入会時から1年くらいから別人のように動きや突きの重さが変わりました。多忙な仕事で出席も限られていましたが密度の濃い稽古をしていたと思います。上京後も稽古を続け、東京分会を充実させてください。

コメントありがとう、帰阪時には連絡ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
58位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。