記事一覧

2007年2月25日

今日は仕事等で欠席の生徒が多く、少人数のため前半は基本に返りサンチンのチェックを念入りに行った。古参のM君は当会前身からのメンバーであり私と稽古して3年ほどになる。型は教えはじめてまだ1年半ほどだがすでに私が以前所属していた流派の黒帯に匹敵するほどのレベルにはなっている。半面慣れからか、ところどころモーションをつけて派手に技を見せたがる傾向があり、素人対象の演武会にはいいだろうが組手の際にはいわゆるテレホンの癖となってくる。呼吸に合わせた短く、かつ威力のある動きを体得し後輩に示してほしい。
後半は応用型と自由組手。初心者から当会で稽古をはじめて3ヶ月のSN君にも自由組手の動きを教えてみる。癖のない動きで型は非常に上達の早いSN君だが自由組手(今日は自由約束組手だが)だと気持ちが受けにまわってしまい先をとられると簡単に動きが居ついてしまう。まだ少し時間はかかるだろうが今「手も足も出ない」状態のSN君がどの程度まで戦闘力アップできるか、指導するほうも楽しみだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
57位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR