記事一覧

「上手に受けを取る」とはどういうことか?

このブログとリンクしているそうたろうさんのブログ「フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ」の記事「道場長に頭を叩かれて考えたこと」合気道って何なんだ?を読んだ。

所属する合気道場で「受けがヘタクソだ」と先生(道場長)にボロクソに非難される内容である。詳しくはフルコンタクト空手家、合気道を学ぶを参照されたい。

さて、「受けをとるほうも気を抜かないように!」といった言葉は武道の稽古、特に合気道などではよく使われると思う。英語に詳しい方、海外で合気道をされた経験がある方があればご教示いただきたいのだが「上手に受けを取る」というのはどのように英訳するのだろう?

「受け身をとる」ならば大事なことであるし、英訳もできそうだが「受けを取る」にぴったりくる表現が思い浮かばない。似たような表現の「胸を貸す」とも違う。これはレベルの高いものが低いものに指導的な意味で稽古台になることであり、上位である道場長に対して「胸を貸す」のはあてはまらない。

自分で調べたがなかなかしっくりくる英語表現がない。いや日本語でも実は上手く表現できないのではないだろうか。ちなみに「取り」「受け」は武道に詳しい外国人には「TORI」「UKE」とそのまま表現されるようだ。

考えるうちにジャズやプロレスで使う「スイングする」という言葉が比較的近いように思えてきた。こちらも定義はないのだが「上手に間を持たせたスピード感」とでも説明できようか。

プロレスは筋書きがあるが素人にはできない。「受け」を誤るとどちらかが大怪我をする。相手の強さを引き立て、上手に倒されることが重要だ。この引き立て方が難しいという。同じ筋書きでプロレスを行っても一流レスラー同士と三流レスラーでは観客へのアピール度が違う。一流レスラーでしかも「スイングする」同士だと名勝負になるのだ。いくら強くともメインイベンターに怪我させたり、技がかかっても客にアピールしないレスラーは「受けをとれないヘタクソなレスラー」ということになる。

プロレスは強弱よりも観客へのアピールが重要である。「受けがとれない」というのは単に観客へのアピールが下手だということで、ショーマンとしての資質のみを意味するのではないか?もちろんプロレスラーにとってはショーマンの能力がないことは死活問題だ。しかし武道、武術では演武会でのアピール以外ではそれほど問題とは思えないのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

昔、空手の約束組手を新人とやった時、突きの軌道が普段と違って受けにくいと感じた事があります。
当時、同門での練習は洗練されていると思っていましたが、一方で想定外の動きには弱くなっていたのでしょう。

最近になって、相手によって技を変化させるのではなく、自分の動きを行う事の意味がなんとなく分かってきました。

大原君、コメントありがとう。

貴君も経験されていると思いますが空手を長期経験したためにかえって相手に避けられやすいパンチしか出せなくなってしまう人がいます。

自由な攻防の中では型から外れるのが当たり前ですが、なまじ稽古したために無理やり相手に受けさせてしまうような突きが身体になじんでしまうんですね。

矛盾する表現ですが型、基本を稽古するのは「型を外れた動きの中で型を活かせるようにする稽古」です。型を稽古して相手が受けにくくなるような攻撃となることが重要。大原君も組手の際に手はかなり自由に動くようになってきています。あとは防御面を忘れないように稽古を続けてください。

こんにちは、そうたろうです。
僕の駄文を取り上げていただきありがとうございます。

「スイングする」、「上手に間を持たせたスピード感」という言葉が
とてもしっくりくるような気がしました。

以前、古流修行者さんが、

「手首をとったり、とられたりすることは全身の触覚を鋭敏にし、
読みの能力を向上させる意味があったように思われる。
離れた状態よりも接点を持ったほうがはるかに相手を読みやすい。
太極拳での推手と同様」

と指摘されていたかと思いますが、

合気道の受けと攻撃の申し合わせた稽古も
「読みの能力を向上させる意味」があるのだと思います。

そう考えると、
受けと攻撃の「スイング」が重要だと思います。

ただ、強くなりたいと願って道場の門を叩く者が
「スイング」できて満足するのか。

血気盛んな高校生、大学生が
納得するのかどうかは疑問が残ります。

僕自身は、もう血気盛んな時期はとっくに終えたので、
「スイング」できるよう、受けの技術を磨きたいと思います。

もう少し「読みの能力を向上」させられるよう、
12月の審査までは、精進したいと思っています。

とても、参考になる記事でした。

また、お邪魔させてください。

ありがとうございました。

そうたろうさん、コメントいただきありがとうございます。

経験のない合気道のことを書くのは僭越かな、とも思いましたが沖縄空手の約束組手、さらにはフルコン空手の演武会の記憶などを参考に書かせていただきました。

「本気で打ちこみ、かつ相手に綺麗に受けられ、お互いに怪我をしない」攻撃というのは難しいです(笑)

またご意見よろしくお願いします。

こんにちは

たて続けにすみません。

受けと取りの、スイングですか。
とても面白い着想だと思います。

確かに、そういう一面はあるかもしれません。

技術レベルとしては、出来ることが必要な気がします。
もっとも、どちらかというと、結果としてできるようになるものであり、これ自体を日常的に目標かのように考えるとすると、それはどうかと思います。

おっしゃる通り、演武会や、指導見本のような時以外では、必須とは言えないと思います。というか、初心者のうちは何か受けグセのようなものがついてしまい、むしろまずいかもしれません。
そうたろうさんは、ほぼ指導員レベルのようですから、違う段階としてできるべきということかもしれません。個人的には、それでもすっとわざをかけ、カラダで教えてほしいものですが。

ただ、ふと思ったのですが、わたしは日本の古武術もちょっとやっていますが、木刀を打ち合わせての対練の場合、お互いにかなり受けと取りの役割を理解していないと、簡単に怪我をしてしまいます。
ここでは、「スイング」のような感覚は、通常の練習でも非常に重要かと思います。
木刀で、「本気で打ちこみ、かつ相手に綺麗に受けられ、お互いに怪我をしない」というのは、それこそ相当難しいです(^^)。木刀は折れたりもしますし。


合気道も剣が原点のひとつということですので、受けと取りのぎりぎりのスイングをする練習もアリなのかもしれませんね。





コメントありがとうございます。

受けと取りぎりぎりのスイングですか、レベルは高いと思いますが難しいですね。私の沖縄空手の先生も自由組手はほとんど指導されなかったのでひょっとしたら稽古で目指していたのはそのようなものだったのかも知れません。不器用なものには難しく、私の会ではこの考えは事実上放棄しています。

とはいえ武器を持ったり、素手でも当てれば大怪我をするレベルに達する同士だとギリギリの約束稽古を行うしかないのでこの方面も研究が必要かな、とも思います。

コメントいただきありがとうございました。またご意見よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

まとめteみた【武道上達法研究会|古伝沖縄空手指導日誌】

このブログとリンクしているそうたろうさんのブログ「フルコンタクト空手家、合気道を学ぶ」の記事「道場長に頭を叩かれて考えたこと」合気道って何なんだ?を読んだ。所属する合気...

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
867位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
51位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR