記事一覧

なぜウエイトをしないと不安になるのか(前編) - 続・ライオンは筋トレをしない

前回のブログ「ライオンは筋トレをしないが競走馬はトレーニングを行うには少なからずコメントをいただいた。拙文を愛読いただいている方がおられることを実感でき、ありがたく思っている。

さて、私の悪文のせいで主旨が不明瞭であった点をお詫びしつつ、内容を整理してみたい。

1)ライオンが筋トレをしないことを理由に自分の練習をサボる口実を探すのは怠け者
2)ライオンは人工的な筋トレはしないがもともと動物としての強さがある上、獲物を追いかけることで自然に体力を鍛えている
3)馬も同様にトレーニングなしで人間より速く走る。ただし、競走馬のような特殊な世界ではその世界のための特殊なトレーニング(より速く走るためのトレーニング)を行う

といったものだ。特に筋トレは礼賛も否定もしない。以前も何度か述べたがパワーはあるほうがいい、というより本格的に武術を行うなら絶対に必要であるし、筋トレを行ってもリキみ癖や居つき癖の出ない人も多くはないが存在する。

さて、古武道や中国拳法、合気道の指導者にはウエイトトレーニングを戒める方が多い(私の先生もそうだった)。戒めるということは隠れてウエイト、筋トレを行う稽古生が実は結構いることの反証と言えるかも知れない。

沖縄空手をはじめて三年くらいたった時期の私には不安があった。先生の言うとおり(と自分では思っていた)、型を繰り返し、拳足の出し方、基本の手の位置もフルコン時代から変えた。しかし自分は強くなった実感がない、むしろフルコン時代のほうが強かった気がする。フルコン時代の自分はかなり筋力があったが社会人の今は筋力も落ちている。先生の空手は確かにすごい。しかし先生は腕も太く、パワーも強い。先生が否定していた筋力をなんらかの方法でつけなければならないのではないか - いや、ひょっとすると先生もパワートレーニングをしてるんじゃないか・・・・

(この項続く)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR