記事一覧

なぜウエイトをしないと不安になるのか(後編) 

前回からの続き。

私は先生のようなパワーがあってはじめて先生のような威力が出せるのではないかと思うようになった。そんなある日読んだフルコンタクトKARATE誌に木村政彦先生と塩田剛三先生の対談が載っていた。

塩田先生談
合気道はね、体によどみを作らないために筋肉を鍛えてはいけないんだ。 しかし、若い頃はそんなことわからないから、植芝先生に隠れて鉄アレイを持ち上げたりして、見つかるとよくおこられた。 しかし、若いうちは体に力をつけたいと思うのは自然で、理屈はあとでいいから、とにかく目一杯稽古してればいいんだ。

塩田先生のような天才ですら植芝先生に隠れて筋トレをする。俺もまずは力だ!と思った私はボディビルのジムに通い筋トレをはじめた。大学卒業後、最初の会社で体調を崩したこともあり痩せていた身体にまた大胸筋が戻ってきた。少しづつ上げるバーベルが重くなってゆくのは実感できるし、筋肉を使って疲れると飯も美味い。30才くらいにはまたフルコン時代のようなアスリーツ体型に戻ってきた。

さて、大胸筋はもどったがパンチ力はもどらない。それではと久しぶりにサンドバックなど突いてみても手首が疲れるだけで大差ない。なにしろ仕事の傍らの稽古なので時間もしれている。学生時代の腰痛が復活したことをきっかけにウエイトはやめてしまった。

ウエイトをやめたのちはサンチンを繰り返した。武術は半ばあきらめ、健身法としての力を抜いたサンチンである。それでも繰り返すうちにハラまわりがしっかりし、足腰にも粘りが出てきた。さらに力を抜くことでサンドバックをたたいていた時期より打撃力も増してきたのである。

そうか!  
ウエイト、筋トレの類を行わないと不安だったのはサンチンだけで鍛錬になることを知らなかったからだったのだ。否、空手の先生は「力を抜いてサンチンをやれ」と指導されていた。しかし不肖の弟子である私は結果としてできた先生の技の威力ばかりをみて実は先生の指示を守っていなかった。正しいサンチンを先生に示していただきながら自分のサンチンはカタチだけだったのだ。サンチンをいくらやっても鍛えられなかったので手っ取り早い代用としてウエイトに手を出していた。

今、武道上達法研究会の会員たちには特にウエイトを禁止していない。ただ競技経験もあり、筋肉隆々のものでも入会当初から「突き」のできたものは極めて稀だ。ベンチプレスのような「押し」になっているケースがほとんどである。最初は筋トレに未練を残す会員たちも3ヶ月程度でサンチンが実はキツイものであることがわかる。ウエイトトレーニングなしでもパンチ力があがることを理解すれば自然にウエイトに興味を示さなくなる。私が10年以上かかって理解したことを3ヶ月で理解するのだ。

限られた時間での稽古である。効果が高い稽古の優先順位があがるのは当然だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

僕も入会当初は果たしてこれで大丈夫かなと不安に
思った事がありましたが、ある時力を抜いた方が力が
出る事がわかり、それ以来自身を持って稽古に臨めて
います。

逆に、力を入れるのは簡単ですが抜くのは大変だと言
う事がわかりました。

S.S君コメントありがとう。

なんだ、S.S君も疑問に思っていたのか、出席頻度が最初からダントツだったので疑いを持ってないのかと思っていた(笑)

「なんでこんな練習を?」という疑問を持つのがむしろ自然と思います。その疑問に自分なりの回答(嘘のない回答)が見つかった時点から指導する側へのスタートですね。これから指導も頼む機会等が増えると思います。期待しています。

なんか、連続でお邪魔してすみません。

このお話を読んで、思い出した事があります。
以前、太極拳をやっている仲間の有志で、自主練習みたいなのをやったことがあります。
キックボクシング経験者の方が四角いミットみたいなのを用意し、彼がそれを持っているところをパンチで打つ、というのをやりました。
打った人の中には、空手の有段者の方も複数いました。

あとで、その、ミットを持っていた方がぼくにそっと教えてくれました。
「みんなの前では言わなかったけど、君のが一番重かったよ」

わたしは、そのときには太極拳と形意拳の経験しかありませんでしたし、筋トレも全くやっていませんでした。ミット打ち自体初めての経験でした。

わたしは、いくつかの理由から(あまり武術的な理由ではないです)、最近は若干の筋トレをやっていますが(ほんとに若干)、ある武術をやるのに使う筋肉等を鍛えることは、その武術の学習体系の中でできるし、やるのが本筋であるのは間違いないと思います。というか、そうでなければ、筋肉の「使い方」につながらないのですね。

それにしても、サンチンてすごいですね。
站椿と同様なところもあるのだと思いますが、空手が単純に剛拳(外家拳)と言い切ってしまうような人たちに聞かせたいお話です。
沖縄空手も興味ありますね。









ねこすけさん、コメントありがとうございます。

力は強いにこしたことはありませんが先天的に力が強い人と無理やり力を強くした人とは質が異なるように思います。無理やり筋トレ的な力をつけた人が必ずしも強いパンチを打てるのではないのですね。拳立ては数多くできるけど打撃力のない人、逆に細い腕でも強力なパンチを打つ人がいます。

パンチの力をつけるための稽古とバーベルを上げるための稽古とは違うということでしょう。

私も筋トレをやり込んでいた時期があって、防御力は格段に上がりましたが攻撃力はそれほど上がった実感はなかったです。
古流修業者さんのブログを読みはじめてからは筋トレの量を減らして空手の自主トレに使うようになりました。

しまさん、コメントありがとうございます。
筋トレは疲れるので確かに「しっかり練習した」ような錯覚に陥りやすいのですね。あくまで補助的なものであって空手の技は空手の稽古で身につけ、空手の中で検証するのがメインと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR