記事一覧

初心者コース・小手返し

当会で「初心者コースの小手返し」と呼んでいる稽古法がある。特に奇をてらったものではなく、合気道などでいう普通の小手返しである。まっすぐ立っている相手に大きく腕をまわして小手返しをかける。かけられるほうは抵抗せず受身をとる。高いところから投げ落とすわけでも限界まで手首や腕をひねりあげるわけでもない、老若男女誰でもできるような稽古だ。初心者コースの名が示すとおりである。

P2250663.jpg投げる手前の状態

P2250662.jpg失敗例 腕のみで技をかける状態になっており、姿勢が崩れて窮屈になっている



なんだ、それだけのことか、と思われるだろう。しかし、受けをとるほうは抵抗もしない代わりに自分から倒れることもしない。もちろん力まかせに振り回して技をかけるようなことは禁じている。ゆっくり手首、腕、身体と関節をきめてゆく。簡単に見えるだろうが合気道や少林寺拳法の経験者でもゆっくりとした動きで技をかけるのは案外難しいようだ。

いくら手首を痛めつけてもそれだけでは相手は倒れない。流派によっては腕を折らせる代わりにもう一方の手で反撃し、相手に致命傷を与えろ、と指導しているところもある。身体が崩れていなければありうることだ。

手首や腕でなく胴体を崩す必要があるのだ。なまじ経験者だと少し手首がきまっただけでサービスのつもりか、ジャンプして受身をとる人もいるが当会ではそれは厳禁としている。

初心者が効果のない技で受身をとるのは難しい。また、無抵抗の相手にかけることのできない技なら抵抗する相手にかかることはありえない(はずだ)。初心者用の稽古としても侮ってはならない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR